calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

刺繍の額装



幼稚園の頃に、お母様が刺繍してつくられたという、布製の手提げカバンをおあずかりしました。
絵本の1ページのような、物語のある、手のこんだ刺繍です。
大人になられても、ずっと大切に取っておられたそうです。

内側に使われていた、赤と白のギンガムチェックの布も、すこしアクセントに使わせていただきました。
マットには、落ち着いた赤のベルベットを。
枠の溝の部分にも、同じ布を細く切って、はめ込んでおります。
かわいらしい素朴な雰囲気に、ひと工夫を。



こちらのご依頼主は、神戸に、、【メゾンデコール】さんというショップを経営されていて、大変センスのよいセレクトで、ヨーロッパのデザイナーファブリックを中心に扱ってらっしゃいます。
PARISより話題のマリーアントワネットコレクションが入荷しているそうです。
ヴェルサイユ宮殿御用達 HOULES社よりエレガントの中にもキュートなデザインの品々が続々登場とのこと。



栄造では、ときどきメゾンデコールさんより生地をお預かりして、布張りの箱や小物いれをつくらせていただいています。
布選びや、合わせるリボンなど、そのセンスにはいつも感心させられます。
コーディネイトの相談にものってくださいますので、上品で華やかな、洋風のインテリアをお愉しみになられる方は、ぜひ。


コメント
コメントする